トラブルの見極め方と探偵のすすめ

>

探偵に依頼すべきトラブルはこれだ

浮気・不倫調査

浮気・不倫調査は、探偵に依頼される仕事の中で高い割合を占めます。

何のために調査を依頼するのかは依頼主によって様々ですが、ただ単に浮気や不倫の事実があるのかどうかだけを確認したいだけという人は多くないと思います。
探偵に依頼するほどであれば、離婚や慰謝料の請求のことを考慮して、浮気や不倫をしている確実な証拠が欲しいと考える方が多いのではないでしょうか。

まず、自力で法的に浮気や不倫の存在を証明できるような証拠を見つけることはとても難しいです。浮気調査をしているということが恋人や配偶者、浮気相手に見つかってしまっては、証拠を見つけることがより難しくなってしまうからです。

その点、探偵であればどういったものが法的に有効な証拠であるかや、どのように調査をすれば確実に証拠を得ることができるか、などの知識や能力を持ち合わせているため、確実に有効な証拠を得ることができる可能性が高いのです。

いじめやストーカーなどの問題

ここでは、深刻な問題ではあるものの警察に取り合ってもらいにくいトラブルについて紹介します。

(1)いじめ調査
いじめは、どのような機関に相談したとしても、証拠がない場合には動いてもらえないことがほとんどです。しかし、自分自身で証拠を集めるのは極めて難しいです。
そのため、どのような証拠が有効であるかや、周囲に気づかれないように調査を進められるという点で知識や能力を持ち合わせている探偵に依頼する人も増加しているのです。

(2)ストーカー調査
ストーカー問題においても、証拠を集めるという点に関して探偵に依頼することは有効であると言えます。また、犯人の特定や盗聴器の発見調査も可能で、依頼主が受けた被害などに適した調査を行うことができます。


この記事をシェアする