トラブルの見極め方と探偵のすすめ

警察と探偵の捜査は違う?探偵に依頼するべき案件とは

トラブルが起きたら

まず、事件は大きく二つに分けることができます。犯罪の疑いがあるものは「刑事事件」、犯罪の疑いがないものは「民事事件」と分けられます。警察は刑事事件の捜査を行います。つまり、警察は犯罪の疑いがある事件のみを捜査するのです。そのため、探偵は基本的に警察が扱わない民事事件を捜査するのです。

探偵に依頼すべきトラブルはこれだ

探偵の特徴として、事件が起こる前に調査ができること、犯罪が関わる可能性が無くても調査をできるということが挙げられます。このような調査は警察は行えません。 このような特徴を踏まえるとともに、自力で調査行ったりトラブルを解決しようとしたりする場合と比較して、探偵に依頼すべき案件をまとめました。

探偵に相談する前に

どのようなトラブルが探偵に依頼するのに適しているのか、が分かったとしても、調査を依頼するためにはどのような流れで何をすればいいのか、を確認する必要があります。 そのため、依頼したいと思った時から調査までに至る流れをご紹介します。 また、安心して案件を依頼できる探偵事務所の選び方のコツも紹介します。

警察と探偵の捜査の違い

身の回りでトラブルが起こった時、あなたはどうしますか?

例えば、事故や窃盗など一刻を争うようなトラブルであれば躊躇せずに警察に通報することができるのではないでしょうか。
しかし、トラブルが起こった時に警察に相談するべきなのか、そこまでのトラブルではないのか、自分自身で判断するのは難しいと思います。

すぐにでも警察に相談するべきトラブルであったとしても警察に相談するべきか悩んでいる間に自体が悪化してしまったり、すぐにでも解決したいのに警察に取り合ってもらえないことがあったりすると困りますよね。
また、警察に取り合ってもらえないようなトラブルであっても、探偵に相談すれば解決できる場合があります。
警察に相談するべきか、探偵に相談するべきか。
そういった判断がすぐにできれば、トラブルが深刻化する前に解決することができるかもしれません。

そのために、そもそも警察と探偵の捜査はどのように違うのかを知っておく必要があります。これを知っていれば、トラブルが起きた時にどちらの機関に相談すべきかを判断しやすくなります。

また、起きてしまったトラブルが探偵に相談すべきものだったとしても、探偵に相談するためにはどうすればいいのか。安心して案件を依頼できる探偵事務所とはどうやって選ぶのか。これらのことも知っておきたいものです。

このサイトでは、身の回りに起こったトラブルが警察に相談すべきものなのか、探偵に相談すべきものなのかを見極める方法。また、探偵に依頼すべき案件として適しているもの、依頼する探偵事務所の選び方や相談する方法などをまとめています。